コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筒井紀充 つつい のりみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

筒井紀充 つつい-のりみつ

1667-1747 江戸時代前期-中期の刀工。
寛文7年生まれ。越中守(えっちゅうのかみ)包国(かねくに)の子。大坂にすみ,阿波(あわ)(徳島県)でも作刀した。初代吉道に師事,のち大和(奈良県)郡山にすんだ。銘は「筒井越中守輝邦入道紀充」など。延享4年1月11日死去。81歳。名は「きじゅう」ともよむ。初名は輝邦。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

筒井紀充の関連キーワード包国(2)