コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筒賀(読み)つつが

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

筒賀
つつが

広島県西部、山県(やまがた)郡にあった旧村名(筒賀村(そん))。現在は安芸太田(あきおおた)町の南部を占める地域。2004年(平成16)加計(かけ)町、戸河内(とごうち)町と合併、安芸太田町となる。旧村域は、中国脊梁(せきりょう)山地に位置し、大部分は山地である。太田(おおた)川上流の筒賀川沿いに集落が点在し農地が開ける。国道186号が通じる。北隣の旧戸河内町域にある中国自動車道の戸河内インターチェンジが近く、高速道路利用により広島市とは約1時間で結ばれる。JR可部(かべ)線が通じていたが、2003年、同線の可部―三段峡間が廃止、バス輸送に切り替えられている。広島藩政時代の入会(いりあい)林に発する村有林が多く、県有数の林業地をなしている。上筒賀(かみつつが)にある大イチョウは高さ48メートル、県下で2番目に大きく、県指定天然記念物。県の自然環境保全地域に指定される龍頭峡(りゅうずきょう)などがある。[北川建次]
『『筒賀村史』全3巻(1997~2004・筒賀村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android