コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加計 かけ

2件 の用語解説(加計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加計
かけ

広島県西部,安芸太田町東部の旧町域。太田川中流域に位置する。1898年町制。1954年殿賀村,1956年安野村と合体。2004年筒賀村,戸河内町と合体して安芸太田町となった。中心集落の加計は太田川本流と滝山川,丁川(ようろがわ)の合流点の狭い河岸段丘上に位置し,かつては木炭やたたら鉄を運ぶ太田川の舟運の起点であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加計
かけ

広島県西部、山県(やまがた)郡にあった旧町名(加計町(ちょう))。現在は安芸太田(あきおおた)町の一地区。1898年(明治31)町制施行。1954年(昭和29)殿賀(とのが)村、1956年安野(やすの)村と合併。2004年(平成16)戸河内(とごうち)町、筒賀(つつが)村と合併、安芸太田町となる。旧町域の大部分は中国山地で占められる。加計地区は、北東流してきた太田川に丁(ようろ)川、滝山川が合流するいわゆる落合集落で、郡の中心的位置をも占めてきた。国道186号、191号、433号が通じる。西隣の旧戸河内町域にある中国自動車道の戸河内インターチェンジが近い。JR可部(かべ)線も通じていたが、2003年、可部―三段峡間が廃止、バス輸送に切り替えられている。江戸時代には広島城下から加計までの太田川の舟運があり、鉄、和紙、炭などを運んだ。基幹産業は林業で、雑穀、野菜なども産する。太田川水系には発電所が多い。2001年には、日本でも有数の規模のアーチ式ダムである温井(ぬくい)ダムが竣工(しゅんこう)、その結果できた龍姫(りゅうき)湖とともに周囲の観光開発が進められている。長尾神社の湯立神楽(ゆだてかぐら)は県指定無形民俗文化財。[北川建次]
『『加計町史』全4巻(1961~1962・加計町) ▽『加計町史』全4巻(1997~2002・加計町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加計の関連情報