コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箕作省吾 みつくり しょうご

4件 の用語解説(箕作省吾の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

箕作省吾 みつくり-しょうご

1821-1847* 江戸時代後期の地理学者。
文政4年生まれ。陸奥(むつ)水沢(岩手県)領主留守氏の家臣佐々木秀規の次男。箕作阮甫(げんぽ)に入門し,その3女の婿となる。世界地図「輿地(よち)全図」,地誌「坤輿(こんよ)図識」を編訳し,世界の最新情報として幕末期の人々に影響をあたえた。弘化(こうか)3年12月13日死去。26歳。名は寛。字(あざな)は玉海。号は夢霞(むか)山人。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

箕作省吾

没年:弘化3.12.13(1847.1.29)
生年:文政4年(1821)
江戸後期の世界地理学者。陸中国水沢藩(水沢市)の最下級武士佐々木秀規の次男。名は寛,通称は左衛次,玉海と号した。蘭方医坂野長安に師事したところ,ひんぱんに箕作阮甫をほめるので,江戸に出て阮甫門下となった。省吾の俊秀ぶりに,弘化1(1844)年2月阮甫は娘しんの婿養子とした。同年,南太平洋の新知見を盛り込んだ世界図『新製輿地全図』,翌年その解説を兼ねた世界誌『坤輿図識』を編訳。従来軽視されたアメリカ,オセアニアを重視して紹介に努め,幕末志士たちに世界への眼を開かせた。続編『坤輿図識補』成稿後,刊行をみずに血を吐き死去。

(石山洋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みつくりしょうご【箕作省吾】

1821~1846) 江戸後期の蘭学者。陸奥むつ水沢の生まれ。阮甫の養子。蘭語地理書を翻訳し体系的世界地誌「坤輿図識」を著した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

箕作省吾
みつくりしょうご
(1821―1846)

幕末の世界地理学者。名は寛、字(あざな)は玉海。夢霞(むか)山人、蘭山(らんざん)などと号した。省吾は通称。文政(ぶんせい)4年、陸中国(岩手県)水沢藩佐々木秀規(ひでのり)の次男として生まれる。少年期から蘭学を坂野長安に学び、江戸に出て師の推賞する箕作阮甫(げんぽ)に入門して才能を認められ、三女しん(千万(ちま))の婿養子となる。結婚の年に、それまで最新だった高橋景保(かげやす)(せん)『新訂万国全図』より新しい世界地図『新製輿地(よち)全図』(1844)を編訳した。ついで、多数のオランダ語地理書から訳出し、日本人の立場から構成、体系化した世界地誌で『新製輿地全図』の解説を兼ねる『坤輿図識(こんよずしき)』(5巻・1845、補4巻・1846)を著述したが、肺を病んで補巻の完成を待たずに死去した。著書は幕末期に広く読まれ、鍋島斉正(なべしまなりまさ)(直正)や井伊直弼(なおすけ)、吉田松陰(しょういん)やその門弟たちも本書によって世界への目を開かれたという。[石山 洋]
『蘭学資料研究会編『箕作阮甫の研究』(1978・思文閣出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

箕作省吾の関連キーワード古地理学植物地理学動物地理学輿地誌略四界トスカネッリ谷岡武雄西川治世界地理書バルヒー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone