コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箕作省吾 みつくり しょうご

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

箕作省吾 みつくり-しょうご

1821-1847* 江戸時代後期の地理学者。
文政4年生まれ。陸奥(むつ)水沢(岩手県)領主留守氏の家臣佐々木秀規の次男。箕作阮甫(げんぽ)に入門し,その3女の婿となる。世界地図「輿地(よち)全図」,地誌坤輿(こんよ)図識」を編訳し,世界の最新情報として幕末期の人々に影響をあたえた。弘化(こうか)3年12月13日死去。26歳。名は寛。字(あざな)は玉海。号は夢霞(むか)山人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

箕作省吾

没年:弘化3.12.13(1847.1.29)
生年:文政4年(1821)
江戸後期の世界地理学者。陸中国水沢藩(水沢市)の最下級武士佐々木秀規の次男。名は寛,通称は左衛次,玉海と号した。蘭方医坂野長安に師事したところ,ひんぱんに箕作阮甫をほめるので,江戸に出て阮甫門下となった。省吾の俊秀ぶりに,弘化1(1844)年2月阮甫は娘しんの婿養子とした。同年,南太平洋の新知見を盛り込んだ世界図『新製輿地全図』,翌年その解説を兼ねた世界誌『坤輿図識』を編訳。従来軽視されたアメリカ,オセアニアを重視して紹介に努め,幕末志士たちに世界への眼を開かせた。続編『坤輿図識補』成稿後,刊行をみずに血を吐き死去。

(石山洋)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

みつくりしょうご【箕作省吾】

1821~1846) 江戸後期の蘭学者。陸奥むつ水沢の生まれ。阮甫の養子。蘭語地理書を翻訳し体系的世界地誌「坤輿図識」を著した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

箕作省吾
みつくりしょうご
(1821―1846)

幕末の世界地理学者。名は寛、字(あざな)は玉海。夢霞(むか)山人、蘭山(らんざん)などと号した。省吾は通称。文政(ぶんせい)4年、陸中国(岩手県)水沢藩佐々木秀規(ひでのり)の次男として生まれる。少年期から蘭学を坂野長安に学び、江戸に出て師の推賞する箕作阮甫(げんぽ)に入門して才能を認められ、三女しん(千万(ちま))の婿養子となる。結婚の年に、それまで最新だった高橋景保(かげやす)(せん)『新訂万国全図』より新しい世界地図『新製輿地(よち)全図』(1844)を編訳した。ついで、多数のオランダ語地理書から訳出し、日本人の立場から構成、体系化した世界地誌で『新製輿地全図』の解説を兼ねる『坤輿図識(こんよずしき)』(5巻・1845、補4巻・1846)を著述したが、肺を病んで補巻の完成を待たずに死去した。著書は幕末期に広く読まれ、鍋島斉正(なべしまなりまさ)(直正)や井伊直弼(なおすけ)、吉田松陰(しょういん)やその門弟たちも本書によって世界への目を開かれたという。[石山 洋]
『蘭学資料研究会編『箕作阮甫の研究』(1978・思文閣出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

箕作省吾の関連キーワード箕作 麟祥箕作麟祥蘭学者共和奥州

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android