算盤が合う(読み)そろばんがあう

精選版 日本国語大辞典「算盤が合う」の解説

そろばん【算盤】 が 合(あ)

計算があう。また、収支がひきあう。採算がとれる。つじつまがあう。
※浄瑠璃・博多小女郎波枕(1718)中「仲間を脱けて一人儲しようでな、音沙汰なしの俄宿替と、ちゃうどそろばんがあふた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「算盤が合う」の解説

算盤(そろばん)が合(あ)・う

計算が合う。「何度やっても―・わない」
採算がとれる。「―・わない仕事

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android