コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九章算術 きゅうしょうさんじゅつJiu-zhang suan-shu

6件 の用語解説(九章算術の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九章算術
きゅうしょうさんじゅつ
Jiu-zhang suan-shu

中国最古の数学書。現存する『九章算術』には,元景4 (263) 年に注を書いた三国魏の劉徽の序文があり,先秦の遺文を漢初の張蒼が収集し,前1世紀の耿寿昌 (こうじゅしょう) が手を加えたとあり,問題の内容にも秦から前漢の材料が含まれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きゅうしょうさんじゅつ〔キウシヤウサンジユツ〕【九章算術】

中国古代の算術書。3世紀ころ成立。著者未詳。土地面積・穀物交換・分配などの計算術を9章に分けて記す。高度な内容を含み、後世まで重んじられた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

九章算術【きゅうしょうさんじゅつ】

中国最古の数学書。著者,著作年代不明。秦代の遺文を集めたものという。魏の劉徽(りゅうき)の《九章算術註》(263年)以後普及,唐宋時代には官吏の必修書の一つとされた。
→関連項目秦九韶劉徽

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうしょうさんじゅつ【九章算術 Jiǔ zhāng suàn shù】

中国古代の代表的数学書で,唐代には算学(数学者養成機関)での教科書となった《算経十書》の筆頭に挙げられる。著者並びに著述年代は不明であるが,西暦1世紀の後漢時代には存在し,秦・漢の数学的知識を集大成したものである。方田,粟米,衰分,少広,商功,均輸,盈不足(えいふそく),方程,句股(こうこ)の9章に分かれ,246問が含まれる。租税,土木工事,測量,輸送など,官吏が行政上必要とする数学上の問題が網羅されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きゅうしょうさんじゅつ【九章算術】

現存する中国最古の数学書。著者未詳。九章から成る。263年に魏の劉徽りゆうきが注をつけて出版。一説に紀元前1000年頃の著という。連立方程式の解法に、加減法が見られる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

九章算術
きゅうしょうさんじゅつ

中国古代の数学書で現存する10種類をとって『算経十書(さんけいじっしょ)』とよぶが、そのうちの一つ。現存する中国最古の数学書(これより古い『周髀算経(しゅうひさんけい)』は天文に関する数学書)である。著者不詳で、1世紀ごろの成立。全部で9章からなり、その内容は次のとおりである。
(1)方田章 土地の面積を測る計算法を述べている。長方形の面積から始まり、円形の面積に至る。分数の加減乗除の詳しい説明がある。
(2)粟米(ぞくべい)章 穀物相互の交換を取り扱う、比例の問題である。
(3)衰分(すいぶん)章 差等をつけて分配する問題。比例配分である。
(4)少広章 方田章の逆。土地の面積から一辺の長さを求める問題。開平の計算の説明がある。
(5)商功章 土木工事に関する問題。城垣を築いたり、溝渠(こうきょ)を掘ったりする仕事に関連する。
(6)均輸章 租税として徴収される穀物を中央までの距離の遠近によって調節する問題。
(7)盈(えい)不足章 盈は過剰の意。盈不足すなわち今日の過不足算、および同様の解き方をする複仮定法(仮定法を二度使うやり方)による解法。
(8)方程章 二元あるいは三元の連立方程式を今日における加減法で解く方法。ここで正負の数の計算が出てくる。正負の数の扱いとしては世界でもっとも古い。
(9)句股(こうこ)章 直角三角形に関する問題。前半は相似三角形の解法、後半は三平方の定理の応用である。[大矢真一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の九章算術の言及

【中国科学】より

…中国の科学とギリシアにさかのぼるヨーロッパ科学を比較すると,顕著に看取できることは,後者に比べて中国科学は理論に乏しいことである。数学を例にとれば,中国の代表的古典数学書《九章算術》にみられるように,それは官僚機構に奉仕する実用的数学であった。元代には李冶の《測円海鏡》のようなやや特殊なものがあるが,明代に流行した《算法統宗》はやはり実用数学であった。…

【中国数学】より

…早くから官僚制度が発達した中国では,行政上の必要と結びついて数学が発達したといえよう。漢代に成立した《九章算術》は古代数学を代表する著述で,租税,輸送,土木など行政上必要な計算例を網羅している。問題はすべて具体的な数字で与えられているが,かなり程度の高いもので,各種の平面や立体を取り扱うほか,多元一次方程式や一元二次方程式,ピタゴラスの定理の応用などが含まれる。…

【和算】より

…ここで使われた教科書は,中国および朝鮮の古算書である。《九章算術》《孫子算経(そんしさんけい)》《五曹算経(ごそうさんけい)》《三開重差(さんかいじゆうさ)》などである。これより前,孝徳天皇の大化2年(646)の詔に,〈書算に工(たくみ)なる者を主政主帳とせよ〉とあるから,民間人の中に数学をよくする者がいたのであろう。…

※「九章算術」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone