コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箚記 サッキ

大辞林 第三版の解説

さっき【箚記】

〔「箚」は札の意。「さつ」は慣用音〕
読書して得た意見・感想を、随時記録すること。また、それを集録した書物。随想録。とうき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

箚記の関連キーワード沢柳 大五郎神田喜一郎沢柳大五郎大塩平八郎洗心洞箚記陔余叢考山県太華言志四録葉室黄華黄氏日鈔岡田煌亭講孟余話陽明学閻若璩銭大昕奥文鳴慣用音正史書物趙翼

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android