コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二十二史箚記 にじゅうにしさっきEr-shi-er-shi-zha-ji; Êrh-shih-êrh-shih cha-chi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二十二史箚記
にじゅうにしさっき
Er-shi-er-shi-zha-ji; Êrh-shih-êrh-shih cha-chi

中国の正史二十四史)の異同を校勘,指摘し,さらに盛衰を論評した書。清の趙翼著。36巻。二十二史には実際は『史記』『(前)漢書』『後漢書』『三国志』『晋書』『宋書』『南斉書』『梁書』『陳書』『魏書』『北斉書』『周書』『隋書』『南史』『北史』『旧唐書』『唐書』『旧五代史』『五代史』『宋史』『遼史』『金史』『元史』『明史』の二十四史が含まれ,正史の通読に代わりうると評価するものもあって,同じ趙翼の著作『陔余叢考』とともに広く読まれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にじゅうにしさっき〔ニジフニシサツキ〕【二十二史箚記】

中国の歴史評論書。趙翼著。36巻。史記から明史に至る二十二史の記事を比較研究し、精密な考証を加えている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にじゅうにしさっき【二十二史箚記】

史記から明史に至る二十二史について問題点をとりあげ論評を加え、史書間の矛盾を校勘した書。三六巻。清の趙翼ちようよくの撰。1795年の自序を付す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二十二史箚記
にじゅうにしさっき

中国歴代正史から約550の問題を選んで解説した書。清(しん)の趙翼(ちょうよく)著。36巻。長く中国史入門書として愛読された。1795年の自序、1800年の銭大(せんたいきん)、李保泰(りほたい)の序がある。名著の評判が高く、日本でも1862年(文久2)頼襄(らいのぼる)(山陽)らの序を加えて刊行され、『続国訳漢文大成』に収められ、日本の東洋史学成立の大きな動力となった。名文でありまた適確な内容をもっている。[増井経夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

二十二史箚記の関連キーワード増井経夫自序

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android