コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洗心洞箚記 せんしんどうさっき

2件 の用語解説(洗心洞箚記の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

せんしんどうさっき【洗心洞箚記】

〔洗心洞は中斎の塾名〕
儒書。大塩中斎(平八郎)著。二巻。1833年成立。1835年刊。読書録の形を借りて陽明学の思想を語る。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洗心洞箚記
せんしんどうさっき

江戸後期の陽明学大塩平八郎の主著。上下二巻。1833年(天保4)刊。大塩は37年の「大塩平八郎の乱」で著名であるが、熱烈な陽明学の信奉者でもあった。彼は中江藤樹(とうじゅ)、熊沢蕃山(ばんざん)、三輪執斎(みわしっさい)以後、陽明学が不振であることをおもんぱかり、陽明学を宣揚し、あわせて彼の「良知・太虚(たいきょ)」の哲学を開陳したものである。洗心洞とは彼の私塾の名。本書の特色の一つは、「箚記」(ノート)とはいうものの、本書全体は整然とした体系性を意図して執筆編集されたこと。その二つは、中国とくに明(みん)末清(しん)初の朱陸論争の余波をもろに受けたこと。陸隴其(ろうき)の陽明学批判に反発した彼は、湯斌(とうひん)・彭南(ほうなんいん)の論調を基調に鋭く反論し、500年来の朱陸論に決着をつけようとした。田公平]
『相良亨他校注『日本思想大系46 佐藤一斎・大塩中斎』(1980・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

洗心洞箚記の関連情報