洗心洞箚記(読み)せんしんどうさっき

日本大百科全書(ニッポニカ)「洗心洞箚記」の解説

洗心洞箚記
せんしんどうさっき

江戸後期の陽明学者大塩平八郎の主著。上下二巻。1833年(天保4)刊。大塩は37年の「大塩平八郎の乱」で著名であるが、熱烈な陽明学の信奉者でもあった。彼は中江藤樹(とうじゅ)、熊沢蕃山(ばんざん)、三輪執斎(みわしっさい)以後、陽明学が不振であることをおもんぱかり、陽明学を宣揚し、あわせて彼の「良知・太虚(たいきょ)」の哲学を開陳したものである。洗心洞とは彼の私塾の名。本書の特色の一つは、「箚記」(ノート)とはいうものの、本書全体は整然とした体系性を意図して執筆編集されたこと。その二つは、中国とくに明(みん)末清(しん)初の朱陸論争の余波をもろに受けたこと。陸隴其(ろうき)の陽明学批判に反発した彼は、湯斌(とうひん)・彭南(ほうなんいん)の論調を基調に鋭く反論し、500年来の朱陸論に決着をつけようとした。

田公平]

『相良亨他校注『日本思想大系46 佐藤一斎・大塩中斎』(1980・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「洗心洞箚記」の解説

せんしんどうさっき【洗心洞箚記】

江戸後期の思想書。二巻、付録抄三冊。大塩平八郎(中斎)著。天保四年(一八三三)成立、同年家塾版刊。陽明学者である著者の思想を記す読書備亡録・語録。「洗心洞」は著者の家塾の称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android