コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

管方 かんかた

1件 の用語解説(管方の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんかた【管方】

雅楽,特に舞楽の場合の楽器奏者の総称。舞楽の伴奏には,一般に笙・篳篥(ひちりき)・笛(竜笛あるいは高麗(こま)笛)の三管と,羯鼓(かつこ)(あるいは三ノ鼓)・鉦鼓・太鼓の三鼓が用いられるが,打楽器奏者も含め,舞楽のときの楽器奏者を管方と呼ぶ。舞台後方に,向かって右から羯鼓(あるいは三ノ鼓),笙,篳篥,笛の順に椅子に座って演奏する。また,舞台の左右には大太鼓(だだいこ)と大鉦鼓(だいしようこ)が一対ずつ置かれ,左舞(さまい)のときは左側,右舞(うまい)のときは右側の楽器を立って打つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の管方の言及

【舞楽】より

… 9世紀の半ばごろから,これら外来音楽の内容を取捨整備し,あわせて日本人の好みに合った音楽へ改変する,いわば外来音楽の国風化の気運が高まった。舞楽の場合は,まず伴奏楽器群(管方(かんかた))の内容の整理統一や,伝来曲の改作や補作,さらには外来曲のスタイルを模しながらもわが国の好みに合った作品を創作するなどのことが行われたが,その結果,従来伝えられていた各種の外来音楽を大きく二つに分類して,唐楽(とうがく),高麗楽(こまがく)とした。これらの内容は当然,9世紀初頭の外来音楽のなかの唐楽,高麗楽とは異なっている。…

※「管方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

管方の関連キーワード管弦高麗楽抜頭舞楽竜笛ロッシ管弦舞楽立楽鳥の楽古楽器

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

管方の関連情報