節士(読み)せっし

精選版 日本国語大辞典「節士」の解説

せっ‐し【節士】

〘名〙 節義を守る人。節操のかたい男。高の士。
※本朝続文粋(1142‐55頃)一・西府作〈大江匡房〉「節士無翻尒、忠臣固確乎」 〔漢書‐蕭望之伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「節士」の解説

【節士】せつし

節操ある人。〔韓詩外伝、十〕卞子(べんさうし)、を好む。母恙(つつが)無き時、三たび戰ひて三たび北(に)ぐ。之れを(そし)る。~母沒す。~卞子曰く、~(われ)之れを聞く、士はを以て生くべからずと。り、七十人をして死せり。

字通「節」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android