コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 せつ

19件 の用語解説(節の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ツリー構造における、データのこと。節から節への分岐には、枝を用いる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せち【節】

季節。時節。
「卯月のうちに春の―のあまれるを知り」〈類従本経信母集・跋〉
季節の変わり目の祝日。節日(せちにち)。
「―は五月にしく月はなし」〈・三九〉
節会(せちえ)」の略。
「今年は―聞こし召すべしとて、いみじう騒ぐ」〈かげろふ・上〉
節振る舞い」の略。
「汝祭りや―に呼ばれて往かんに」〈都鄙問答・四〉

せち【節】[漢字項目]

せつ

せつ【節】

みさお。節操。「を曲げない」
時間的な経過のくぎりめ、または一時期。「上京の世話になる」「そのはよろしく」
㋐1年を春夏秋冬の四つにくぎった1期間。季節。
「いまの―では、しかし、百花園…?」〈万太郎・春泥〉
㋑暦でいう二十四節気のこと。また、そのうち立春啓蟄(けいちつ)など、一つおきの節気で、旧暦で月の前半にくるものをいう。
「兎角するうちに―は立秋に入った」〈漱石
㋒節句(せっく)。
物事のくぎりめ。また、くぎられた部分。
㋐歌曲のふし。
㋑詩歌・文章・楽曲などの一くぎり。「詩歌の一
㋒プロ野球などの日程のくぎり。
竹・枝・骨などのふし。
君命を受けた将軍や使節に交付されるしるしの手形。
速さの単位。ノットのこと。
文を構成する部分として一つのまとまりをなす連文節で、その中に主語・述語の関係を含むもの。
商品取引所行われる立ち合いの区分。
頃(ころ)[用法]

せつ【節】[漢字項目]

[音]セツ(漢) セチ(呉) [訓]ふし
学習漢字]4年
〈セツ〉
竹のふし。「枝葉末節盤根錯節
ふしのようになった所。つなぎ目。また、文章・音楽などのくぎり。「音節関節結節章節分節文節
音楽のメロディー。「節奏
気候の変わり目。「節気節季節分季節
時期。折。「時節当節
祝日。記念日。「節句国慶節
度をこえないようにおさえる。ほどよくする。「節煙節減節食節水節制節約調節
言動にけじめをつけてはみ出ないこと。「節義節操節度苦節高節忠節貞節変節名節礼節
使者のしるしの割り符。「節度使使節符節
〈セチ〉祝日。「節会(せちえ)
〈ふし(ぶし)〉「節穴節節節目折節
[名のり]お・さだ・たか・たかし・たけ・とき・とも・のり・ほど・まこと・みさ・みさお・みね・もと・よ・よし
[難読]節榑(ふしくれ)

ノット(knot)

ひもや綱、ネクタイなどの結び目。
船舶の速度の単位。1ノットは1時間に1海里、約1852メートルを進む速度。記号kt, kn
[補説]「節」「浬」などとも書く。

ふ【節/編】

植物のふし。
「天(あめ)なるささらの小野の七―菅(すげ)手に取り持ちて」〈・四二〇〉
こもやすだれ、また垣などの編み目。
「まを薦(ごも)の―の間近くて逢はなへば」〈・三五二四〉

ふし【節】

棒状の物の盛り上がった部分。
㋐竹・葦(あし)などの茎にあるふくれた区切り。
㋑幹や茎から枝が出るところ。また、木材に残る枝の出たあと。「のある板」
㋒骨のつなぎ目。関節。「指の
㋓糸や縄のこぶ状になった所。「の多い糸」
区切りとなる箇所。段落。せつ。「これを人生のとしよう」
心のとまるところ。…と思われる点。「疑わしいが二、三ある」
機会。おり。おりふし。「何かのに思い出す」

㋐歌などの旋律。また、旋律のひとくぎり。曲節。「をつけて歌う」「出だしのを口ずさむ」
㋑文章を音読するときの抑揚。「をつけて朗読する」
㋒(ふつう「フシ」と書く)浄瑠璃や謡曲などの語り物で、詞(ことば)に対する旋律的な部分。
その人独特の語り口。演説や講演にいう。
鰹(かつお)節」「鯖(さば)節」などの略。
定常波で、ほとんど振動していない部分。振幅が最小の点。⇔
なんくせ。言いがかり。
「喧嘩に―はなくてめでたし」〈滑・膝栗毛・四〉
[下接語]憂(う)き節折節七(なな)節一(ひと)節(ぶし)一中節田舎節入れ節歌沢節腕節愁い節荻江(おぎえ)節雄節鰹(かつお)節河東(かとう)節亀(かめ)節義太夫(ぎだゆう)節清元節削り節小節鯖(さば)節鮪(しび)節新内節説経節背節薗八(そのはち)節連れ節常磐津(ときわず)節常(とこ)節富本(とみもと)節浪花(なにわ)節生(なま)節生(なま)り節節節骨節本節都節雌節(ぷし)腕っ節骨っ節

よ【節】

竹・アシなどの茎の節(ふし)と節との間。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふし【節 knot】

樹木の枝が樹幹の肥大に伴って樹幹の材の中に包み込まれた部分。丸太から板や柱などを製材したときに,節の断面が現れてくるが,その形によって丸いものを〈丸節〉,楕円形のものを〈楕円節〉と呼び,さらに枝の長軸に沿う方向に切られた場合には双曲線を示すようになるので,これを〈流れ節〉と呼んでいる。枝が生きていて,健全な場合には〈生節(いきぶし)〉と呼び,節の部分の組織はまわりの組織とつながっている。枯れた枝からできた節は〈死節(しにぶし)〉と呼ばれ,周囲の組織とのつながりはない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せち【節】

〔呉音〕
時節。季節。 「やよひの日数のうちに夏の-の来たる/経信母集」
季節の変わりめの祝いをする日。節日せちにち。節供せちく。 「 -は五月にしく月はなし/枕草子 39
節会せちえ 」に同じ。 「さるべき節会など、五月の-にいそぎ参るあした/源氏 帚木
節日の御馳走。特に正月の振る舞い。 「ある所の御屛風に正月-する/忠見集」 → お節せち

せつ【節】

ある事柄の行われるとき。時期。おり。ころ。 「その-はお世話になりました」
自分の信念を守り続けること。みさお。節操。操守。 「 -を守る」
ほど。ほどあい。節度。 「 -を越えない」
まとまったものをいくつかに分けた、そのひとまとまり。区切り。助数詞的にも用いられることがある。
文章・詩歌・音曲などの一つの段階。 「三つの-から成る論文」 「 -を改めて書き継ぐ」 「第三章第二-」
スポーツの試合期間の一区切り。 「第三-は雨のため未消化」
季節・時節。 「今は恰も水少く草枯れたる-に属したれば/日光山の奥 花袋
二十四節気のこと。また、そのうち旧暦で各月の前半にくる節気をさす。 → 中気
君命を受けた使者や将軍が授かるしるし。 「持-将軍」
生物分類群の階級の一。属と種の中間で、種をまとめる時に用いる。
植物の茎で、葉・枝の着生する部分。ふし。
船の速度の単位。ノット(knot)に同じ。

ノット【節】

船舶・海流などの速さの単位。一時間に一海里(1852メートル)進む速度をいう。記号は kn または kt   〔「節」とも書く〕

ふし【節】

竹・葦あしなどの幹にあって、ほぼ一定間隔でややふくらんでいる部分。
樹木の枝の生え出るところ。また、枝を切り落とした跡。特に板や柱に製材した際に残る跡。せつ。 「 -の多い木」 「 -を生かした床框とこかまち
骨と骨のつながっている部分。関節。 「指の-を鳴らす」
糸・ひもなどの、途中の太くなっているところ。 「 -糸」
物事の区切りとなるような大切な箇所。ふしめ。 「人生の-」
箇所。注目すべき点。 「思い当たる-がある」 「故意と思われる-がある」
きっかけ。また、折おり。機会。 「又、よき-なりとも思ひ給ふるに/源氏 帚木
歌の旋律。また、旋律の一まとまり。曲節。 「一-歌って聞かせる」 「 -を忘れる」 「変な-をつけてせりふをいう」
(普通「フシ」と書く)浄瑠璃・謡曲で、旋律のある部分。詞ことばに対していう。
〘物〙 定常波で、振幅が 0 になっているところ。 ↔
魚の身を縦に四つに割ったもの。また、それを加工した食品。また、特にかつおぶしのこと。
言いがかり。なんくせ。 「よくいろ〱な-をつけるの/人情本・梅児誉美 」 → ぶし(節)

ぶし【節】

名詞、また、地名・人名などの固有名詞の下に付いて複合語をつくる。
浄瑠璃の流派や民謡の曲名などを表す。 「義太夫-」 「木曽-」 「ひえつき-」
人名の下に付けて、その人独特の特徴のある話し方や節回しなどの意を表す。
魚肉を煮て干した食物の意を表す。 「かつお-」 「なまり-」
地名の下に付けて、その地に産するかつおぶしの意を表す。 「土佐-」

よ【節】

竹や葦あしの茎の、節ふしと節との間。 「竹とるに、節ふしを隔てて-ごとに金ある竹を見つくる事かさなりぬ/竹取」
転じて、節ふし。 「大なる竹の-を通して入道の口にあて/平治

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


せつ
clause

伝統的な英文法で,文のなかにはめこまれた文をさす用語。定動詞を含む点でと区別される。機能によって名詞節,形容詞節,副詞節に分類される。たとえば,Jack said that he hated Jill. (ジャックはジルなんか嫌いだと言った) で,that he hated Jillの部分は,saidの目的語となり名詞に相当する機能を果すので,名詞節と呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


ふし

日本音楽用語。原義的には音の高さ (旋律) や長さ (リズム) についての区切りをいうが,原則として歌唱についていう語で,種目や使われ方によって異同がある。 (1) 歌の旋律をいう。歌詞に対して旋律をつけること。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


ふし

「腹 (はら)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

節の関連キーワード竹鼻五清畜・竹・筑・築・蓄・逐若竹竹並竹谷竹屋敷虎(■1)竹

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

節の関連情報