コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

範囲の経済 scope of economy

デジタル大辞泉の解説

はんい‐の‐けいざい〔ハンヰ‐〕【範囲の経済】

《「範囲の経済性」とも》複数の製品をそれぞれ別の企業が生産するよりも、同一の企業がまとめて生産した方が費用を節減できること。→規模の経済

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

範囲の経済【はんいのけいざい】

複数の事業活動を複数の企業で行うよりも,単一の企業でまとめて行ったほうが費用が少なく,効率がよい場合に,範囲経済性が存在するという。事業や製品の多角化を説明する論理として用いられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

範囲の経済

企業が製品数を増やしたり、事業を多角化するほど、1製品あたり、1事業あたりのコストが低下するという経営学上の定理。具体的には、1つの企業で複数の製品を生産したり、複数の事業に取り組むときに、そのコストの合計が、同じ複数の製品を別々の企業で生産したり、別々の企業で事業を行っている場合の合計と比べて相対的に低くなる現象を指している。これは同じ設備を利用できたり、管理費などの複数の製品や事業で重複する部分が削減できるためである。この範囲の経済性を追求することが、製品のラインナップを広げたり多角化を志向させる根拠と言われている。しかし、どのような場合も範囲の経済性が大きく働くわけではない。できるだけ重複して利用できる部分を多くし、範囲の経済性が大きくなる製品や事業の組合せが、シナジー効果(相乗効果)が高いと見なすことができる。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

範囲の経済
はんいのけいざい
economies of scope

単一の企業が複数の財・サービスを生産したほうが,複数の企業がそれぞれ個別に生産する場合と比較して総費用が低くなり,効率性が高くなること。金融機関に例をとると,預金・貸付けという従来業務から証券業務に多角化をはかるに際して,顧客の開発のコストが割安となり,従来業務で蓄積したノウハウ,情報などを活用できるなど新規業務と従来業務との間で共通の費用が存在する可能性があるが,このような場合には,範囲の経済が働いているといえる。 (→規模の経済 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

範囲の経済の関連キーワードオフィスオートメーションピュアカンパニー化スコープ・メリット規模の経済性新古典学派多角化戦略多角化企業規模

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android