(読み)シビ

デジタル大辞泉の解説

しび【×篊】

《「ひび(篊)」の音変化》「ひび1」に同じ。

ひび【×篊】

ノリやカキの養殖で、胞子・幼生を付着させるために海中に立てる竹や粗朶(そだ)。
浅海に柴(しば)や竹簀(たけす)などを立て並べ、一方の口から入った魚が出られないようにした仕掛け。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しび【篊】

〔「ひび」の転〕
海苔のりなどを養殖するために海中に立てる竹や枝。

ひび【篊】

ノリ・カキなどの養殖で、胞子や幼生を付着させるため、遠浅の海中に立てておく枝付きの竹や粗朶そだ。もともとは、篊を海中に並べ立て、一方に口を開け、満潮時に入った魚を干潮時に捕る仕掛け。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android