コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シビ

デジタル大辞泉の解説

しび【×篊】

《「ひび(篊)」の音変化》「ひび1」に同じ。

ひび【×篊】

ノリやカキの養殖で、胞子・幼生を付着させるために海中に立てる竹や粗朶(そだ)。
浅海に柴(しば)や竹簀(たけす)などを立て並べ、一方の口から入った魚が出られないようにした仕掛け。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しび【篊】

〔「ひび」の転〕
海苔のりなどを養殖するために海中に立てる竹や枝。

ひび【篊】

ノリ・カキなどの養殖で、胞子や幼生を付着させるため、遠浅の海中に立てておく枝付きの竹や粗朶そだ。もともとは、篊を海中に並べ立て、一方に口を開け、満潮時に入った魚を干潮時に捕る仕掛け。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

篊の関連キーワード浮き流し式・浮流し式小林五郎左衛門平野武治郎海苔粗朶枝付き幼生胞子そだ養殖干出海中粗朶

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android