コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篠原孫左衛門 しのはら まござえもん

2件 の用語解説(篠原孫左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

篠原孫左衛門 しのはら-まござえもん

1556-1625 織豊-江戸時代前期の塩業家。
弘治(こうじ)2年生まれ。淡路(あわじ)(兵庫県)高屋村で塩業をいとなむ。阿波(あわ)(徳島県)領主蜂須賀(はちすか)家政の命により,慶長3年から竹島村(鳴門市高島)で塩田を開発,10年かけて約9haをひらく。以後,篠原家は同村の庄屋を世襲し,代々製塩業に従事した。寛永2年3月23日死去。70歳。名は家久。号は道金。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

篠原孫左衛門

没年:寛永2.3.23(1625.4.29)
生年:弘治2(1556)
江戸初期の阿波撫養塩田(鳴門市)開発者。淡路国三原郡高屋村(兵庫県西淡町)の出身。諱は家久,また道金。はじめ孫六と称した。天正13(1585)年,蜂須賀家政が播州竜野(竜野市)から阿波(徳島県)に入国,播磨,淡路から製塩技術者を招いて慶長1(1596)年の大地震によって隆起した撫養沿岸の干潟地の踏査,開発に当たらせた。孫左衛門もそのひとりで,慶長2年竹島(高島)の干潟を調査し,翌年塩浜の築造に着手した。慶長12年塩田の検地が行われて,高島塩浜8町6反24歩(約8.5ha),年貢として銀784匁1分9厘が定められ,孫左衛門は竹島村の庄屋に任命された。以後篠原家は代々庄屋を世襲して製塩業に従事した。<参考文献>『鳴門市史』上,岩村武勇『高島塩田の開拓と篠原家』

(渡辺則文)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

篠原孫左衛門の関連キーワードJamesジェームズアクバルカール[5世]窪田統泰カール篠原孫左衛門ジェームズ[1世]チャールズ[1世]ジェームズ[1世]

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone