コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篠田芥津 しのだ かいしん

2件 の用語解説(篠田芥津の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

篠田芥津 しのだ-かいしん

1827-1902 幕末-明治時代の篆刻(てんこく)家。
文政10年生まれ。美濃(みの)(岐阜県)の人。40歳のころ江戸にでて篆刻の技をみがく。のち京都にすみ,中国篆刻の浙派(せつぱ)の新風を導入。晩年,諸名家の印章をあつめた「一日六時恒吉祥草堂印譜」をつくった。明治35年12月8日死去。76歳。名は徳。字(あざな)は直心。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

篠田芥津

没年:明治35.12.8(1902)
生年:文政10(1827)
幕末明治期の篆刻家。名は徳,字は直心。芥津は号。美濃(岐阜県)の人。中年江戸に出で,晩年京都に住す。中国・清代の浙派の印譜を得て心酔し,大いにその印風を鼓吹し,明治の印壇に新風を取り入れた先覚者のひとりである。

(北川博邦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

篠田芥津の関連キーワード羽倉可亭小曽根乾堂李鍾金子蓑香小林愛竹中井敬所西村鹿銜前田了白円山大迂山本拝石

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone