コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

籠太鼓/弄太鼓 ロウダイコ

デジタル大辞泉の解説

ろうだいこ【籠太鼓/弄太鼓】

謡曲。四番目物。脱獄した夫の身代わりに入れられた妻が、狂乱して牢に掛けてあるを打って舞うと、同情した領主が夫婦を許す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

籠太鼓
ろうだいこ

能の曲目。四番目物。狂女物。五流現行曲。作者不明。領主(ワキ)は、殺人を犯して牢(ろう)にある関の清二(せいじ)が脱獄したと聞き、下人(げにん)(間(あい)狂言)に命じて清二の妻(シテ)を身代りに牢に入れる。夫を慕って狂乱する彼女に同情した領主は、2人ともどもに許すことを約束して終わる。偽りの物狂いであり、世話物的色彩の濃い異色の能だが、思慕の情の強さと哀れさが一貫している。題名は、牢番が時を知らせる鼓を牢の作り物につけることから、牢の字を忌んで籠の字をあてる。[増田正造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

籠太鼓/弄太鼓の関連キーワードやわらやわら増田正造雑物謡曲