コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

籠太鼓/弄太鼓 ロウダイコ

2件 の用語解説(籠太鼓/弄太鼓の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ろうだいこ【籠太鼓/弄太鼓】

謡曲。四番目物。脱獄した夫の身代わりに牢に入れられた妻が、狂乱して牢に掛けてある鼓を打って舞うと、同情した領主が夫婦を許す。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

籠太鼓
ろうだいこ

能の曲目。四番目物。狂女物。五流現行曲。作者不明。領主(ワキ)は、殺人を犯して牢(ろう)にある関の清二(せいじ)が脱獄したと聞き、下人(げにん)(間(あい)狂言)に命じて清二の妻(シテ)を身代りに牢に入れる。夫を慕って狂乱する彼女に同情した領主は、2人ともどもに許すことを約束して終わる。偽りの物狂いであり、世話物的色彩の濃い異色の能だが、思慕の情の強さと哀れさが一貫している。題名は、牢番が時を知らせる鼓を牢の作り物につけることから、牢の字を忌んで籠の字をあてる。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

籠太鼓/弄太鼓の関連キーワード形代雨月柏崎土車橋弁慶富士太鼓枕慈童四番目物小塩身代り

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone