米沢順子(読み)よねざわ のぶこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米沢順子 よねざわ-のぶこ

1894-1931 大正-昭和時代前期の詩人。
明治27年11月22日生まれ。熊谷直彦に日本画をまなび,のち詩作をはじめる。大正8年自分で装丁した詩集「聖水盤」を発表。中村星湖に指導をうけて小説「毒花」もかいた。昭和6年3月21日死去。38歳。東京出身。三輪田高女卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android