コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米琉 ヨネリュウ

5件 の用語解説(米琉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よね‐りゅう〔‐リウ〕【米×琉】

米沢琉球紬(よねざわりゅうきゅうつむぎ)」の略。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よねりゅう【米琉】

「米沢琉球紬りゆうきゆうつむぎ」の略。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

米琉
よねりゅう

米沢織」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

米琉
よねりゅう

米沢琉球紬(よねざわりゅうきゅうつむぎ)の略称。別名「長井(ながい)紬」「置玉(おいたま)紬」ともいい、山形県長井市、荒砥(あらと)(現白鷹(しらたか)町)付近で産する絹の紬織物である。実用的な着尺もので、経糸(たていと)に玉糸を用い、緯糸(よこいと)には紬または玉糸を使ったものである。板締め絣(かすり)、紅花(べにばな)などで染める草木染め紬がある。[並木 覚]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の米琉の言及

【白鷹[町]】より

…明治以後は桑市が開かれていたが,現在は衰退しまた,稲作を中心とした農業が主産業であるが,専業農家は激減している。近世以来,絹織物の産地で,米沢紬から発展した米琉(よねりゆう),白鷹御召(米沢織物)は名高い。山形鉄道線が通じる。…

【米沢織物】より

…76年,初めて工場を設立して以来,多品種を誇り,日本の先染有力産地の一つとなる。近年は手織紬,男物,袴地,コート地,黄八丈,八掛地,帯,紋着尺,座布団地,婦人服地等のほか,プリント用白生地も多く生産され,とくに明治初年からの置賜紬(おいたまつむぎ)(長井紬,白鷹紬,白鷹御召,米琉(よねりゆう)など)は伝統的工芸品の指定を受けている。着尺等和装品60%,洋装品40%ほどで絹以外の素材も多用されている。…

※「米琉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

米琉の関連情報