コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米沢紬 ヨネザワツムギ

百科事典マイペディアの解説

米沢紬【よねざわつむぎ】

山形県米沢盆地を中心に産出される紬織物。米琉(よねりゅう)(米沢琉球紬の略)とも,集散地にちなみ長井紬ともいう。江戸中期に藩主上杉治憲(はるのり)の奨励により創製された。紬糸または玉糸を用い平織にする。絣(かすり)が特色。絹綿交織などもある。現在は白鷹紬,白鷹御召とともに置賜(おいたま)紬と総称される。着物,帯,座蒲団,服地などにする。
→関連項目長井[市]米沢[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

よねざわつむぎ【米沢紬】

米沢地方で織られる紬織物。長井紬。置賜おきたま紬。米沢琉球紬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

米沢紬の関連キーワード白鷹[町]米沢織

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android