コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米華友好通商航海条約 べいかゆうこうつうしょうこうかいじょうやくTreaty of Friendship, Commerce and Navigation between the United States of America and the Republic of China

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

米華友好通商航海条約
べいかゆうこうつうしょうこうかいじょうやく
Treaty of Friendship, Commerce and Navigation between the United States of America and the Republic of China

1946年 11月4日南京において中華民国政府とアメリカ合衆国政府の間で調印され,48年 11月 30日批准書の交換とともに発効した条約。本文 30ヵ条と付属議定書から成っている。互恵と平等の原則のうえに立って,居住,営業,移民,鉱物資源探索,開発,貿易兵役など広範な事項について取決めている。中国共産党は,この条約は実際には中国に損失をもたらす売国条約であるとしてきびしく非難し,47年2月1日,蒋介石政府が 46年1月 10日以後に締結したすべての協定借款などは承認しないと声明した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

米華友好通商航海条約の関連キーワードキング・クリムゾンマキノ雅広イタリア映画新藤兼人新日本文学生活保護戦争放棄トルンカホログラフィック・アートマンキウィッツ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android