コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗社党 そうしゃとうZong-she-dang; Tsung-shê-tang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗社党
そうしゃとう
Zong-she-dang; Tsung-shê-tang

中国の辛亥革命以後,清朝皇族を中心に清朝復活,満蒙独立などを企てた団体。辛亥革命の際,良弼 (りょうひつ) が清朝擁護,共和制反対の勢力を結集したが,1912年1月良弼は暗殺された。清朝滅亡後,粛親王善耆 (ぜんき) らは,日本の右翼軍人,川島浪速らと結び,12,16年と2度にわたり清朝復活を策した。その第2回目には日本政府の黙認のもとに満蒙独立をはかってモンゴル貴族のバボージャブ (巴布札布) を蜂起させたが,袁世凱急死による日本の政策転換によって失敗に終った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうしゃとう【宗社党 Zōng shè dǎng】

中国近代の政治結社。1912年1月,清朝の皇族良弼(りようひつ)を中心に清帝退位に反対するために結成され,清朝滅亡後は宣統帝復辟のための活動を続けた。青島の恭親王傅偉(ふい)のグループ,上海の鄭孝胥(ていこうしよ),康有為等,徐州の張勲等と各地に小集団が散在し,青島グループでも50名くらいのものだったが,軍閥の権力獲得陰謀および日本の満蒙侵略としばしば結びつき,みかけ以上の反動的役割を果たした。1912年と16年の2回の満蒙独立運動は日本の侵略と結びついた代表的なもので,17年の張勲復辟はその全活動におけるピークであった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そうしゃとう【宗社党】

中国、清末・民国初に共和制に反対し清朝擁護を主張した皇族・大臣らの党派。辛亥しんがい革命後、日本人川島浪速らと結び二度にわたり満蒙独立運動を企てたが、成功しなかった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

宗社党の関連キーワード大隈重信内閣小磯 国昭しんがい粛親王日野強

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android