満蒙独立運動(読み)まんもうどくりつうんどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

満蒙独立運動
まんもうどくりつうんどう

辛亥革命期から日本が満州,蒙古を中国の主権を無視し,勢力圏とすることをはかった運動。軍部が中心となり,この地における日本の特殊権益を確保することを目的として行われた。 1912年参謀本部は満州に清朝を復活させようとして満州独立運動を進め,また蒙古のカラチン族などを援助して独立の挙兵を計画した。さらに 16年反袁活動に合せて満州独立を画策し,蒙古のパプチャプ族を利用して挙兵したが,政府,軍中央部,現地軍の統一性がなく,自壊した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まんもうどくりつうんどう【満蒙独立運動】

大正期の軍部,大陸浪人を中心とする満蒙独立の陰謀計画。(1)第1次 1912年に辛亥革命で清朝が滅亡すると,南満州,東部内モンゴル(蒙古)の独占支配をめざす参謀本部と大陸浪人川島浪速らは,清朝の粛親王を擁して満州に独立政権をつくり,同時に蒙古王カラチン,パリンに資金と武器を与えて独立させる計画をたて,実行に移した。計画は外務省の反対と満州軍閥張作霖との対立で挙兵中止となった。(2)第2次 第1次世界大戦中に中国侵略政策をおしすすめた日本政府は,1915年に袁世凱の帝制に反対する第三革命の勃発に乗じて反袁政策を強めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

満蒙独立運動の関連情報