コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粛順 しゅくじゅんSu-shun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粛順
しゅくじゅん
Su-shun

[生]嘉慶21(1816)
[没]咸豊11(1861).北京
中国,清末の皇族。怡親王載垣,兄の鄭親王端華とともに咸豊帝の側近。咸豊7 (1857) 年都察院左都御史,次いで理藩院尚書,六部の尚書を歴任。アロー戦争には主戦論を唱え,同 10年英仏軍の北京占領に際して咸豊帝を熱河に蒙塵させた。翌年協辧大学士。同年咸豊帝が死ぬと恭親王奕 訢西太后ら対外協調派のクーデターが起り,北京で処刑された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

粛順の関連キーワード東太后同治帝

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android