コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精索 せいさくspermatic cord

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

精索
せいさく
spermatic cord

精管が精巣を離れたのちに,血管や神経とともに被膜に包まれて,腹壁鼠径管に達するまでをいう。約 11cm程度の紐状の組織である。精索は精管につながり,射精管を経て後部尿道に開口している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

精索【せいさく】

精管陰嚢中の精巣上体から始まり,鼠径(そけい)管を通り抜けて腹腔に入る途上,これに伴う血管,神経,平滑筋,被膜などと一緒になり,ひも状を呈するものをいう。長さ約12cm,太さ約0.5cmで,外鼠径輪の下内側で皮下に触れることができる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

精索の関連情報