コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糊染 のりぞめ

2件 の用語解説(糊染の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

糊染
のりぞめ

もち米などのデンプン糊を防染の材料に用いる染色法で,ろう染や絞染などに対する語。型紙に文様を切抜き,糊べらなどで防染糊を置いて染め抜く方法は,一般に型染または型紙捺染呼ばれる。小紋,中型,紅型,型友禅などもこの方法によるが,これに対し,型紙を使わない手糊染や手描染を特に糊染と称することもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

糊染【のりぞめ】

糊を用いた染色法の総称。糊はもち米粉や小麦粉などで作る。防染剤とする方法と糊の中に染料を入れ転写剤とする方法がある。友禅一珍染中形小紋紅型(びんがた)などのほか,乾いた糊を細かく散らして染める蒔糊(まきのり),墨流し染を応用した糊流し染などもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

糊染の関連キーワード澱粉質卵粉生麩クズデンプンコメデンプン地下デンプン生デンプン生デンプン分解酵素もち米(まい)リン酸デンプン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

糊染の関連情報