コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糊染 のりぞめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

糊染
のりぞめ

もち米などのデンプン糊を防染の材料に用いる染色法で,ろう染や絞染などに対する語。型紙に文様を切抜き,糊べらなどで防染糊を置いて染め抜く方法は,一般に型染または型紙捺染と呼ばれる。小紋,中型,紅型,型友禅などもこの方法によるが,これに対し,型紙を使わない手糊染や手描染を特に糊染と称することもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

糊染【のりぞめ】

糊を用いた染色法の総称。糊はもち米粉や小麦粉などで作る。防染剤とする方法と糊の中に染料を入れ転写剤とする方法がある。友禅一珍染中形小紋紅型(びんがた)などのほか,乾いた糊を細かく散らして染める蒔糊(まきのり),墨流し染を応用した糊流し染などもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android