コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防染 ぼうせん

3件 の用語解説(防染の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

防染
ぼうせん

布の染色法の一種。布の上に防染糊で模様を描いておき,染液に浸して,糊の部分を白く残す染め方。古くからある絞り染め,ろう染めも防染の一つ。絞り染めは,布の一部を糸でくくったり,板で締めつけて,部分的に染液がしみこまないようにするもので,鹿子 (かのこ) 絞りや有松絞りなどがある。ろう染めは,臈纈 (ろうけち) 染めともいい,木ろうやパラフィンで布に模様を描き,任意の部分を圧してひびを入れ,染液につける。奈良時代に中国から伝えられたもので,簡単なものから,手の込んだ複雑なものまで種類が多く,家庭用品,衣服,のれん,室内装飾品の染色などに広く利用される。また布のほかに,和紙,皮,板の染め付けもできる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぼうせん【防染】

染色で、糸でくくったり糊のり・蠟ろうなどを付着させたりして染液がしみ込むのを防ぐこと。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

防染の関連情報