コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糖尿病の人の海外旅行の注意 とうにょうびょうのひとのかいがいりょこうのちゅうい

1件 の用語解説(糖尿病の人の海外旅行の注意の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

とうにょうびょうのひとのかいがいりょこうのちゅうい【糖尿病の人の海外旅行の注意】

 旅行好きの人にとっては、海外旅行も、緊急時の対応と、時差に対処できれば、十分に楽しむことができるでしょう。
 目的地、旅行手段、滞在日数などを決めたら、事前に主治医に相談し指導を受け、日本糖尿病協会発行の「海外旅行者カード」(英文)に必要事項を記入してもらい、インスリンや注射器、アルコール綿、経口血糖降下薬(けいこうけっとうこうかやく)、血糖自己測定器、尿糖やケトン体測定用試験紙などとともに、旅行中は常に携帯してください。
 日本語の通じない外国で急病になったとき、どこに連絡するのか、現地の日本大使館領事館などの所在地電話番号を調べ、また、日本でのかかりつけの病院の電話・ファックス番号も控えておきましょう。主治医に国際電話で相談するのがいちばん手っ取り早く、役に立つ場合がしばしばみられます。
 航空会社に電話すれば、機内食の献立を知ることも、また、糖尿病食の予約をすることもできます。
 時差の関係で、東に向かって旅行する場合は1日が短く、インスリン治療中の人では、その分インスリン量を減量、西に向かう場合は、逆に1日が長くなるため、増量するのが原則ですが、搭乗時間や機内食の回数によって異なり、具体的には、各人ごとに主治医に相談するのがよいでしょう。経口剤でコントロールできている場合は、現地時間に合わせることで、ほとんど問題がありません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

糖尿病の人の海外旅行の注意の関連キーワードパック旅行旅行家海外旅行海外旅行保険旅行者海外旅行生命保険海外旅行傷害保険インバウンドツーリズム海外旅行倍増計画

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone