コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糟屋有久(読み)かすや ありひさ

朝日日本歴史人物事典の解説

糟屋有久

没年:承久3(1221)
生年:生年不詳
鎌倉初期の武将。糟屋氏は藤原北家良方流で,相模国(神奈川県)大住郡糟屋庄に住した。兵衛尉有季は比企能員の婿だったので,比企の乱(1203)時に落命。有久はその子で,後鳥羽上皇西面武士であった。承久の乱(1221)では北陸道に出陣。東山道に向かった久季は弟といわれる。戦いに敗れ,ふたりとも陣没

(本郷和人)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android