コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糠平温泉 ぬかびらおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

糠平温泉
ぬかびらおんせん

北海道中央部,上士幌 (かみしほろ) 町の十勝川支流音更 (おとふけ) 川上流部にある温泉。泉質単純泉泉温 50℃前後。かつては付近の農民だけが湯治場として利用していたが,1956年糠平ダムの完成により糠平湖ができ,観光地として発展。国道 273号線に沿い,JR根室本線帯広駅からバスの便がある。大雪山国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕糠平温泉(ぬかびらおんせん)


北海道中部、河東(かとう)郡上士幌(かみしほろ)町にある行楽向きの温泉。1956年(昭和31)、音更(おとふけ)川上流部にダム湖の糠平湖が完成して以降、旅館街が近代化。南は然別(しかりべつ)湖、北は三国(みくに)峠を越えて層雲(そううん)峡と結ぶ東大雪(ひがしだいせつ)観光ルートの拠点。ひがし大雪博物館がある。ナトリウム-塩化物泉。泉温59.6℃。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

糠平温泉
ぬかびらおんせん

北海道中央部、十勝(とかち)総合振興局管内の上士幌(かみしほろ)町にある温泉。十勝川支流音更(おとふけ)川をせき止めてつくられた人造湖の糠平湖岸の西方約500メートルにある。泉質は塩化物泉。スキー場や、ひがし大雪(たいせつ)博物館があり、冬はスキー、スケート、夏はハイキング、登山、釣りが楽しめる。国道273号に沿い、JR根室本線帯広駅からのバスの便があり、約1時間30分を要する。[進藤賢一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

糠平温泉の関連キーワードぬかびら源泉郷スキー場北海道河東郡上士幌町ウペペサンケ山上士幌(町)上士幌町ダム湖近代化音更川三国峠層雲

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android