上士幌町(読み)かみしほろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上士幌〔町〕
かみしほろ

北海道中東部にある町。 1931年士幌村より分離。 54年町制。南東部の洪積台地と山麓では,野菜,工芸作物,豆類などの栽培と酪農が行われ,酪農振興のために面積 17km2の十勝中部大規模草地が造成された。北部の山地では林業が盛ん。町域の大部分が大雪山国立公園に属し,糠平湖および湖畔に湧出する糠平温泉,然別 (しかりべつ) 湖は公園南部有数の観光地。国道 241号線,273号線が通る。面積 694.23km2。人口 4765(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上士幌町の関連情報