コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀梅亭 きの ばいてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀梅亭 きの-ばいてい

1734-1810 江戸時代中期-後期の画家,俳人。
享保(きょうほう)19年生まれ。山城(京都府)の人。与謝蕪村(よさ-ぶそん)について画と俳諧(はいかい)をまなぶ。天明8年近江(おうみ)(滋賀県)大津に移住。師の画風をうけついで山水画をよくし,近江蕪村とよばれた。文化7年7月7日死去。77歳。名は時敏。字(あざな)は子恵。別号に楳亭,九老山人。画集に「九老画譜」,句集に「梅亭発句集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

紀梅亭

没年:文化7.7.7(1810.8.6)
生年享保19(1734)
江戸後期の南画家。名は時敏,字は子恵。通称を九兵衛といい,晩年には九老と号した。与謝蕪村につき,師法を守った山水,戯画をよくし,天明8(1788)年ごろ大津へ移ってのち「近江蕪村」とも称された。『九老画譜』2冊がある。

(星野鈴)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

紀梅亭の関連キーワード木村騏道没年俳人竜駕

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android