コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅卍教 こうまんじきょうHong-wanzi-jiao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紅卍教
こうまんじきょう
Hong-wanzi-jiao

中国の秘密結社的な宗教。 1920年,山東の洪解空,劉福縁が済南に道院を設け,儒教,仏教,道教キリスト教イスラム教同源を説き,土俗信仰との折衷,混合による教義を立て中国全域に広がった。静座善行を説く一方,紅卍教会の名で孤児院設立救貧や難民救済などの社会事業にも力を入れた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうまんじ‐きょう〔‐ケウ〕【紅卍教】

中国の宗教結社道院の通称。中華民国初期、山東の洪解空が儒・仏・道・キリスト・イスラムの五教同源を説き道院を設立、全中国に教勢を拡張。1922年には紅卍字会を設立、貧民救済・施薬施療などの社会事業を行い、一時は日本の大本(おおもと)教とも提携した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうまんじきょう【紅卍教】

中国、民国初期に山東におこり、済南の道院(宗教結社)を本拠とした秘密結社的な新興宗教。儒・仏・道の三教にキリスト教・イスラム教を加えて五教同源を説き、紅卍字会という慈善団体を設立。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

紅卍教の関連キーワード慈善団体新興宗教本拠三教大本(おおもと)

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android