紅粧・紅妝(読み)こうしょう

  • こうしょう ‥シャウ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 紅でよそおうこと。化粧。また、化粧した美人。
※菅家文草(900頃)五・有勅賜視上巳桜下御製之詩敬奉謝恩旨「不啻看一レ桜也惜春。紅粧写得玉章新」 〔古詩‐木蘭詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android