頭中将(読み)とうのちゅうじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「頭中将」の解説

頭中将 とうのちゅうじょう

源氏物語」の登場人物。
近衛(このえの)中将蔵人頭(くろうどのとう)をかねる。左大臣長男で,母は先帝の皇女大宮光源氏の正妻葵上(あおいのうえ)は妹。妻は夕顔冷泉(れいぜい)天皇在位中に太政大臣にまですすむ。源氏親友だったが,長女の弘徽殿女御(こきでんのにょうご)の立后争いがもとで源氏と対立した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の頭中将の言及

【蔵人所】より

…蔵人頭(2名)は蔵人や殿上人を指揮して常侍し,殿上関係の諸事を差配し,また天皇と太政官のパイプ的な役割を果たした。近衛中将や大弁,中弁を兼ねる場合が多く,これらを〈頭中将〉〈頭弁〉等と呼んだ。蔵人頭は殿上では位階の上下にかかわらず常に殿上人たちの首席に座を占めることになっていた。…

※「頭中将」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android