コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

納税貯蓄組合 のうぜいちょちくくみあい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

納税貯蓄組合
のうぜいちょちくくみあい

納税貯蓄組合法 (昭和 26年法律 145号) に基づいて,納税資金の貯蓄を目的として組織される組合。組合は個人,法人を問わず,これらのものが一定地域,職域または勤務先単位として任意に組織するもので,組合員の納税資金の貯蓄の斡旋をするほか,これらに関する必要な事務を行う。納税貯蓄組合員が納税資金の蓄積のため組合の斡旋によってする預金を納税貯蓄組合預金といい,金融機関は経理区分上別にはするが,納税準備預金として取扱う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

納税貯蓄組合【のうぜいちょちくくみあい】

納税資金の貯蓄を目的として,個人または法人が一定の地域,職務,勤務先を単位として任意に組織した組合。同組合法(1951年)に基づき,その規約税務署および地方公共団体に届け出る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android