コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

納税貯蓄組合 のうぜいちょちくくみあい

2件 の用語解説(納税貯蓄組合の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

納税貯蓄組合
のうぜいちょちくくみあい

納税貯蓄組合法 (昭和 26年法律 145号) に基づいて,納税資金の貯蓄を目的として組織される組合。組合は個人,法人を問わず,これらのものが一定地域,職域または勤務先を単位として任意に組織するもので,組合員の納税資金の貯蓄の斡旋をするほか,これらに関する必要な事務を行う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

納税貯蓄組合【のうぜいちょちくくみあい】

納税資金の貯蓄を目的として,個人または法人が一定の地域,職務,勤務先を単位として任意に組織した組合。同組合法(1951年)に基づき,その規約を税務署および地方公共団体に届け出る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

納税貯蓄組合の関連キーワード水利組合非合法農業協同組合法農事実行組合国家公務員共済組合法日本船主責任相互保険組合相互保険組合森林組合加入者面積岡野喜太郎工業組合法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone