コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

納税貯蓄組合 のうぜいちょちくくみあい

2件 の用語解説(納税貯蓄組合の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

納税貯蓄組合
のうぜいちょちくくみあい

納税貯蓄組合法 (昭和 26年法律 145号) に基づいて,納税資金の貯蓄を目的として組織される組合。組合は個人,法人を問わず,これらのものが一定地域,職域または勤務先を単位として任意に組織するもので,組合員の納税資金の貯蓄の斡旋をするほか,これらに関する必要な事務を行う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

納税貯蓄組合【のうぜいちょちくくみあい】

納税資金の貯蓄を目的として,個人または法人が一定の地域,職務,勤務先を単位として任意に組織した組合。同組合法(1951年)に基づき,その規約を税務署および地方公共団体に届け出る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone