コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

純粋経済学要論 じゅんすいけいざいがくようろんÉléments d'économie politique pure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

純粋経済学要論
じゅんすいけいざいがくようろん
Éléments d'économie politique pure

フランスの経済学者 L.ワルラス主著で,ミクロ経済学の核心である一般均衡理論を確立した古典。 1874~77年初版。 1926年決定版。完全競争市場の価格メカニズムを数学的に定式化したもの。所得制約のもとで効用を最大にする消費者行動から需要関数が導出され,また生産技術の制約のもとで利潤を最大にする生産者行動から供給関数が導出され,それらの需要と供給が等しくなる市場均衡において均衡価格が成立するという一般均衡理論の枠組みを構築した。交換の理論における生産物市場の価格と需給の決定から出発し,(1) 生産の理論において生産要素市場,(2) 資本化と信用の理論において固定資本市場,(3) 流通と貨幣において流動資本市場,がそれぞれ追加的に導入され,より拡張された枠組みにおいてそれぞれの財の価格と需給の決定が議論されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

純粋経済学要論の関連キーワードM.E.L. ワルラス均衡理論(経済学)ローザンヌ学派経済学説史

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android