素潜り(読み)スモグリ

大辞林 第三版の解説

すもぐり【素潜り】

潜水器具などを用いず、水中にもぐること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

素潜り
すもぐり
skin diving

スキューバなどの潜水具を使用せずに息をこらえて行う潜水(ダイビング)をいう。素潜りは手軽な潜水として、古くから海女(あま)などが水深10メートル以浅でテングサ、アワビなどをとってきた。1回の潜水時間は息こらえの能力によって差があり、30秒から2分ほどである。スポーツ潜水ではマスク、シュノーケル、フィン(足ひれ)などの装備品を使っての素潜りをスキンダイビングという。[山田 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

素潜りの関連情報