潜水具(読み)せんすいぐ

日本大百科全書(ニッポニカ)「潜水具」の解説

潜水具
せんすいぐ

人間が水中環境下で身体を保護し、安全を確保して活動するために、ダイバー(潜水夫)の身体に装着し、または携行する装備品の総称。ダイバーに潜水中の呼吸を確保する潜水器、冷水から身体を保温し、外傷から守る各種潜水服、またこれに付属するフード、グローブ、シューズ、水面での呼吸補助具であるシュノーケル、水中で視力を得るためのマスク、浮力を調節するウェイト(重錘)、ライフジャケット(救命胴衣)、BC(浮力調節具)、ダイバーに推進力を与えるフィン(足ひれ)、潜水時間を管理するダイバーズウォッチ(防水腕時計)、深度を測る水深計、身体にロープなどが絡まったときに切る刃物(ナイフ)、水中で方位を測るためのコンパス、水中ライト、潜水病予防のための減圧時間を表示する減圧計などが、ダイバー装備品に含まれる。これら装備品の装着は安全管理上からも重要で、高気圧作業安全衛生規則では、ヘルメット潜水にダイバーズウォッチ、水深計、鋭利な刃物が、スキューバダイビングにダイバーズウォッチ、水深計、鋭利な刃物、救命胴衣の装着が義務づけられているほか、潜水安全基準にもこれらの装着が定められている。

[山田 稔]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「潜水具」の解説

せんすい‐ぐ【潜水具】

〘名〙 水中にもぐるための道具。水中めがね、ウエットスーツ、潜水器などをいう。
※地中海の漁港(1967)〈小川国夫〉「潜水具を貸してくれる所はないのか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android