コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫外線検出器 しがいせんけんしゅつきultraviolet detector

世界大百科事典 第2版の解説

しがいせんけんしゅつき【紫外線検出器 ultraviolet detector】

光検出器の中でも10~380nmの波長領域に感度をもつ光電検出器をいう。光子エネルギーが大きいため金属光電面をもつ外部光子効果型検出器をはじめ,サリチル酸ソーダなどの紫外‐可視変換蛍光体を前面にもつ光電子増倍管がよく用いられる。とくに200nmより短波長側は極紫外域と呼ばれ,なかでも120nmから短波長側では特徴のある種々の検出器が用いられる。例えば連続構造の半導体二次電子面をもつストリップ型の窓なし光電子増倍管や,封入ガスの光電離を用いた電離型検出器がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

紫外線検出器の関連キーワード光検出器