コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光検出器 ひかりけんしゅつき photo detector

2件 の用語解説(光検出器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光検出器
ひかりけんしゅつき
photo detector

光を検出する素子,装置で,光を照射した際に生じる真空中への電子の放出 (光電子放出) ,導電率の変化 (光導電) ,起電力発生 (光起電) など,いわゆる光電効果を用いたものが多い。光を熱として検出する熱電対や,熱変化により電荷が発生する焦電効果を用いたものもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひかりけんしゅつき【光検出器 photodetector】

古くは波長380~780nmの可視域電磁波を光と称したが,現在,光とは10nm~1mmの電磁波を指し,きわめて広い波長域を含む。光の検出は広い意味での光と物質の相互作用を原理としており,化学光量計や写真感光材もその中に入るが,一般には光と物質の相互作用の結果を電気信号の形として取り出すものを指し,光検出器光電検出器同義語と考えてよい。光検出器を光と物質の相互作用によって分類すると,光子(量子)効果型,熱効果型,波動相互作用型に大別される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

光検出器の関連キーワード電磁波可視光線太陽スペクトル標準比視感度不可視光線UV可視分光アーバック則放射温度放射検出器

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

光検出器の関連情報