光線過敏症(読み)コウセンカビンショウ

デジタル大辞泉の解説

こうせん‐かびんしょう〔クワウセンクワビンシヤウ〕【光線過敏症】

ふつうでは異常を起こさない日光の照射量で皮膚が赤くはれたりかゆくなったりする症状。薬の服用によるアレルギー性のものと、薬・化粧品などを外用しているために起こるものとがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

光線過敏症【こうせんかびんしょう】

ふつうは異常を生じない量の光線によって,皮膚症状を生じる疾患原因不明のものには日光蕁麻疹(じんましん),多形日光疹などがある。また,光エネルギーによって活性化し過敏症を引き起こす光感作物質(ソラレンなどのフロクマリン類),テトラサイクリン,フルオウアラシルなどの服用,外用によっても,日焼け様の皮疹が生じる。エリテマーデスや肝斑(しみ)のように,光線によって増悪するものを含める場合もある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうせんかびんしょう【光線過敏症 photodermatosis】

ヒトが一定量以上の紫外線を受けると日焼けなどの光線皮膚障害を起こすが,少量の光線で皮膚障害を起こす場合を光線過敏症という。より厳密に定義すれば,光線に対して皮膚が量的または質的に異常に反応する状態ということになる。原因となる光の作用波長は,日光光線では290~380nmの紫外線が主であるが,ときに可視光線が関係することもある。
[光線過敏症の原因]
 光線過敏症は外因性と内因性の二つに大別される。外因性のものは,光感作物質が外から皮膚表面につくか,いったん体内に入ってから血液を介して皮膚に達するために起こる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

知恵蔵miniの解説

光線過敏症

日光を浴びることで皮膚に赤み炎症、かゆみを伴う発疹などの免疫反応が生じる疾患の総称。「日光アレルギー」とも呼ばれる。通常なら問題が生じない程度の日光量でも、露出部の皮膚にのみ症状が現れる。発症の原因は紫外線や薬剤などに対するアレルギー、先天的な代謝異常、遺伝子の変異、特定遺伝子の保有など様々で、原因が解明されていないものもある。治療法は原因によって異なるが、いずれにおいても直射日光を可能な限り避けることが重要とされる。

(2019-4-16)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうせん‐かびんしょう クヮウセンクヮビンシャウ【光線過敏症】

〘名〙 アレルギー反応の一つ。たとえば、薬をのむと、顔や手などの日光にあたる部分が赤く(は)れ、なおったあとでも色素が沈着する。日光皮膚症。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の光線過敏症の言及

【日焼け】より

…長期間にわたって日焼けを繰り返していると,皮膚の結合組織が障害されてしわの多い皮膚となり,さらに前癌症状や皮膚癌を発生しやすくなるので注意すべきである。また,少量の日光光線でも日焼けを起こす場合を光線過敏症というが,遺伝性の色素性乾皮症,ポルフィリン症などの代謝異常症,エリテマトーデスなどの膠原(こうげん)病,薬剤による薬疹の一種など,特殊な病気がひそんでいることも考えられるので,診察・検査をうける必要がある。【藤澤 龍一】。…

※「光線過敏症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android