コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫貝(読み)ムラサキガイ

デジタル大辞泉の解説

むらさき‐がい〔‐がひ〕【紫貝】

シオサザナミガイ科の二枚貝。浅海の泥底に穴を掘ってすむ。貝殻は長楕円形で、殻長7センチくらい。殻表、内面ともに紫色。相模湾以南に分布。
ウチムラサキの別名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むらさきがい【紫貝】

海産の二枚貝。殻は殻長7センチメートルほどの長楕円形。殻表は紫ないし薄紫色、内面は暗紫色。本州中部以南の沿岸に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

紫貝 (ムラサキガイ)

学名:Hiatula diphos
動物。リュウキュウマスオガイ科の二枚貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android