内紫(読み)ウチムラサキ

大辞林 第三版の解説

うちむらさき【内紫】

ザボンの一品種で、果肉が淡紅紫色のもの。
海産の二枚貝。殻は四角張ってふくらみ、殻長約8センチメートル。殻表は淡褐色で粗い輪脈があり、殻の内側は暗紫色。食用。浅海の泥底にすむ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

内紫 (ウチムラサキ)

学名:Saxidomus purpuratus
動物。マルスダレガイ科の二枚貝

内紫 (ウチムラサキ)

植物。朱欒の品種

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android