コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内紫 ウチムラサキ

デジタル大辞泉の解説

うち‐むらさき【内紫】

マルスダレガイ科の二枚貝。殻はハマグリに似て、表面に輪脈が多く、黄白色で、内面は暗紫色外套膜の跡が天の橋立に似るとされ、橋立貝(はしだてがい)ともいう。食用。むらさきがい。おおあさり。
ザボンの一品種。果肉は紅色で、甘い。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うちむらさき【内紫】

ザボンの一品種で、果肉が淡紅紫色のもの。
海産の二枚貝。殻は四角張ってふくらみ、殻長約8センチメートル。殻表は淡褐色で粗い輪脈があり、殻の内側は暗紫色。食用。浅海の泥底にすむ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

内紫 (ウチムラサキ)

学名:Saxidomus purpuratus
動物。マルスダレガイ科の二枚貝

内紫 (ウチムラサキ)

植物。朱欒の品種

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

内紫の関連キーワードウチムラサキガイブンタン(文旦)淡褐色植物浅海海産