コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫露草 ムラサキツユクサ

デジタル大辞泉の解説

むらさき‐つゆくさ【紫露草】

ツユクサ科の多年草。高さ約50センチ。葉は広線形。春から夏にかけ、紫色の3弁花が朝に開き、午後にしぼむ。北アメリカの原産で、庭などに栽培。また、雄しべ花糸(かし)は細胞が1列に並んで観察しやすいので、細胞学の実験に用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むらさきつゆくさ【紫露草】

ツユクサ科の多年草。北アメリカ原産。観賞用に栽培。高さは約50センチメートルで、披針形白緑色の葉を互生。夏、茎頂に淡紫色の三弁花を多数つける。花は一日でしぼむ。花糸は細胞学の実験に用いられる。 → トラデスカンティア

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

紫露草 (ムラサキツユクサ)

植物。ツユクサ科の一年草,薬用植物。ツユクサの別称

紫露草 (ムラサキツユクサ)

学名:Tradescantia ohiensis
植物。ツユクサ科の多年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

紫露草の関連キーワードハカタカラクサ(博多唐草)トラデスカンティア