コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細川俊夫(2) ほそかわ としお

1件 の用語解説(細川俊夫(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川俊夫(2) ほそかわ-としお

1955- 昭和後期-平成時代の作曲家。
昭和30年10月23日生まれ。51年ベルリン音大で尹伊桑(ユン-イサン)に師事。55年ブッキ国際作曲コンクールで「序破急」が1位となる。またベルリン-フィル創立100周年記念作曲コンクールで「プレリューディオ」が1位入賞。平成20年「ダンス・イマジネール」「循環する海」などで芸術選奨文部科学大臣賞,サントリー音楽賞。作品はほかに「オーケストラのための「遠景」I」(尾高賞)など。24年紫綬褒章。広島県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

細川俊夫(2)の関連キーワード筒美京平磯部俶加古隆佐藤勝芝祐久渡久地政信服部克久船村徹松平頼暁宮川泰

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone