新東宝(読み)しんとうほう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新東宝
しんとうほう

映画会社。1946年(昭和21)年11月、第二次東宝争議の最中、大河内伝次郎(おおこうちでんじろう)、長谷川一夫(はせがわかずお)、入江たか子、山田五十鈴(やまだいすず)、藤田進(ふじたすすむ)(1912―1990)、黒川弥太郎(くろかわやたろう)(1910―1984)、原節子、高峰秀子、山根寿子(やまねひさこ)(1921―1990)、花井蘭子(はないらんこ)(1918―1961)による「十人の旗の会」のスターと、斎藤寅次郎(さいとうとらじろう)らの監督やカメラマンなど400名余りのスタッフが組合を脱退した。彼らの映画製作の場として、また、ストライキのために製作機能が低下した東宝の配給網を維持するため、1947年3月に、資本金をはじめ、スタジオや機材も東宝が提供するかたちで、株式会社新東宝映画製作所が設立された。翌1948年には、元東宝の佐生正三郎(さしょうしょうざぶろう)を社長に迎え、株式会社新東宝となった。新東宝が製作した作品の配給をめぐって、東宝と新東宝との間で訴訟が起きたりもしたが、1950年3月には東宝から独立した。1950年代なかばにかけて、『小原庄助(おはらしょうすけ)さん』(清水宏監督、1949年)、『おかあさん』(成瀬巳喜男(なるせみきお)監督、1952年)、『大阪の宿』(五所平之助(ごしょへいのすけ)監督、1954年)、『たそがれ酒場』(内田吐夢(うちだとむ)監督、1955年)などの秀作が送り出された。1955年、大蔵貢(おおくらみつぎ)(1899―1978)が社長に就任してからは、戦記もの、怪談、エロ・グロものなど、低予算の娯楽路線に徹し、なかでも、嵐寛寿郎(あらしかんじゅうろう)が明治天皇に扮した『明治天皇と日露大戦争』(渡辺邦男監督、1957年)は大ヒットした。中川信夫(なかがわのぶお)(1905―1984)監督の『東海道四谷怪談』(1959)などのように、長くカルト的人気を保つ作品も生まれた。大蔵社長の時代には、天知茂(あまちしげる)(1931―1985)、高島忠夫(たかしまただお)(1930― )、宇津井健(うついけん)(1931―2014)、久保菜穂子(くぼなおこ)(1932― )、三原葉子(みはらようこ)(1933― )、三ツ矢歌子(みつやうたこ)(1936―2004)、前田通子(まえだみちこ)(1934― )、高倉(たかくら)みゆき(1934― )らが活躍した。1960年前後から経営が悪化し、1960年に大蔵社長が辞任し、1961年に新東宝は倒産した。現在、製作機能と作品の著作権は国際放映株式会社が受け継いでいる。[佐藤 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新東宝の関連情報