コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細川持隆 ほそかわ もちたか

1件 の用語解説(細川持隆の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川持隆 ほそかわ-もちたか

?-1553 戦国時代の武将。
父の細川之持の跡をつぎ阿波(あわ)(徳島県)の守護となり,勝瑞城を本拠とした。享禄(きょうろく)4年細川高国を攻めて自刃(じじん)させる。のち平島公方(ひらじまくぼう)足利義冬を将軍にしようと京都入りをはかり,反対派の重臣三好義賢(よしかた)に天文(てんぶん)22年6月17日(一説に21年8月19日)殺される。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

細川持隆の関連キーワードEdward the Confessor川中島の戦尼子勝久アンリ神谷宗湛義仲寺クラナッハ平手政秀梵舜メアリー

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone