コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細川澄之 ほそかわ すみゆき

2件 の用語解説(細川澄之の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川澄之 ほそかわ-すみゆき

1489-1507 戦国時代の武将。
延徳元年生まれ。九条政基の子。細川政元の養子。将軍足利義澄につかえ,丹波守護となる。永正(えいしょう)4年澄之派重臣の香西(こうざい)元長らが養父政元を暗殺した際,おなじ養子の細川澄元を敗走させ家督をついだが,澄元に味方して挙兵した細川高国らに攻められ,同年8月1日京都で自刃(じじん)した。19歳。幼名は聡明丸。通称は九郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

細川澄之

没年:永正4.8.1(1507.9.7)
生年:延徳1(1489)
室町時代の武将。幼名聡明丸。通称九郎。前関白九条政基の子。文亀2(1502)年,細川家当主政元の養子となる。翌年丹波守護。政元が武田元信の要請に応えて丹後の一色義有を攻めるに当たり,同じく養子の澄元と共に再三出陣するが失敗に終わる。永正4(1507)年6月,かねてからの政元の奇行と,澄元の家宰三好之長のこの間の権勢を快く思わない政元の家臣,薬師寺長忠や香西元長は澄之を擁して政元を暗殺。澄元,之長は近江に走り,澄之は将軍足利義澄より家督を認められた。しかしわずかひと月余りで,澄元に味方した一族の高国に宿所の遊初軒を攻められ自害。享年19歳。

(森田恭二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

細川澄之の関連キーワード細川政国細川頼元意雲大内持盛佐田親景武田信親伊達範宗長尾房景細川政之細川義春

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone