細川詮春(読み)ほそかわ あきはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川詮春 ほそかわ-あきはる

1330-1367 南北朝時代の武将。
元徳2年生まれ。細川頼春(よりはる)の子。阿波(あわ)(徳島県)勝瑞(しょうずい)城を居城とし,領国経営の拠点とした。左近将監(さこんのしょうげん),讃岐守(さぬきのかみ)。禅宗に帰依(きえ)し,妙照寺を再興した。貞治(じょうじ)6=正平(しょうへい)22年4月25日死去。38歳。通称は九郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android